恩寵の扉が開くまで part2

(9)「これ」だけの為に生きる

フ:それでは、だんだんと質問の事は全て忘れて・・ゆったりと坐りなさい。

キ:今は特に質問はありません。

フ:宜しい。それでは、何処にあなたの意識があるかを見てごらん。何処にあなたのセンターがある?

キ:え〜と・・。

フ:探そうとしないで、ゆったりと自然でありなさい。「キヨタカ」はいる?それとも「プレゼンス」かな?

キ:プレゼンスです。

フ:その通り。マインドは何処にある?

キ:今は、ありません。

フ:そう。このスペースが、あなたの存在(Being)の自然な状態だ。

これが、基本的に本当のあなたのエッセンスだ。

それを感じる?

キ:ええ。

フ:「これ」の方がリアルかな、それともキヨタカの方がリアルかな?

キ:「これ」がリアルです。

フ:それじゃ、「これ」とは何?

キ:、、、。

フ:考えないで!

「これ」が本当の私だと言える?

親密な感じがする?

キ:ええ、その通りです。

フ:このスペースにいて、寛げる?

自然な感じがする?

それともこの状態でいるために、焦点を合わせる努力が必要?

それとも、それはただそこにある?

キ:今は、ただそこに在ります。

フ:その通り。

今と昨日との違いは何?

キ:昨日は、何を質問すべきかあれこれ考えていました。

今は、質問がありません。

フ:そうして今、あなたは自分自身でいるね。

このプレゼンスを以前感じたのはいつ?

キ:海へ行ってセーリングをする度に、いつもプレゼンスを感じます。

フ:それじゃ、陸に上がると別人になってしまうの?

キ:いえ、そういう訳では、、。

フ:今、あなたは海にはいない。でも同じ体験をしている。その経験は今どうして起こっている?

キ:マインドと同一化していないから・・。

フ:そうだね。

キ:それから、私のエネルギーが広がっています。

フ:あなたが今体験しているこのプレゼンスこそ、私だ。

フーマンは私ではない。

あなたには、もうその事は解っているだろう?

それは単に名前と形だ。

しかしこのプレゼンスこそが、全ての人の真実の自己だ。

私たちが一緒に坐ると、これがあなたの中で活性化する。

そうしてそれに対して開く事で、イニシエートされる。

それからあなたがただハッピーで自然な場合、再びそれが開く。

今、もしこの瞬間にあなたが死んだとしよう。

それでも、あなたは決して死なないという事が解るかな?

「これ」には、死がない。誕生もない。

永遠に永続する、プレゼンスだ。

それを今、感じられるかどうか見てごらん。

キヨタカが肉体として今死んでも、「これ」はそのまま残る。

「これ」は普遍的なものであり、肉体的なものではない。

あなたがマインドにいない時、あなたがマインドで焦点を合わせていない時、だんだんとあなたは「真実の自己」、「普遍の自己」、「究極の自己」として自然に存在する様になる。

そうしてあなたがもっと「これ」にリラックスしてそれと整合し始めると、「これ」があなたの人生を通して生き始める様になる。

キヨタカがあなたを生きる替わりに、「これ」がもっとあなたの人生となる。

なぜなら、「これ」こそが本当のあなただから。

「これ」をあなたはずっと探し求めていた。

このプレゼンスは、誰も直接に探し求める事が出来ない。

これは唯一、正しい臨在の下で目覚めさせる事が可能なものだ。

「これ」はいつでもそこにあり、それこそが「真のあなた」なのだ。

それこそがあなたの「普遍の自己」であり、「究極の自己」だ。

あなたのブループリントは、「これ」になる事だ。

キヨタカの代わりに・・。

だからあなたの肉体が死ぬ前に、「これ」を生き始めなさい。

それは、「これ」に明け渡す事だ。

あなたの人生を、「これ」に捧げるのだ。

「これ」に恋に落ちる事だ。

唯一、「これ」の為にのみ生きる事だ。

キ:しかしどの様にして、それが出来るのですか?

フ:ただ「これ」を生き、もっともっと「これ」で在りなさい。

ただ「これ」で在るのだ。

そんなにも「キヨタカ」であってはならない。

この瞬間「これ」を認識し続ける事によって、それが可能となる。

「これ」に対して、あなたのハートを開きなさい。

「これがそれだ(This is it)」!と知りなさい。

これを知る為にあなたはこの世界に来て、何度も輪廻転生を繰り返した。

あなた自身を理解する(Realize Yourself)と言う事だ。

「これ」がだんだんともっと開いて行く事によって、そしてハートもそれに伴い開く事で、それが完全に成長した存在となるだろう。

そうする事であなたは完結し、全一性(Wholeness)へと到達する。

昨年から「これ」が開き始めた。

今はただ「これ」で在ろうとし続けなさい。

そうして、あなたの人生からキヨタカをもっともっと手放す様に・・。

「これ」を成長させ、カルマを取り除く。

そうするとあなたは、「これがそれだ!」と解る。

あなたは既に「これ」を持っている。

だから大切なことは「これ」と共に成長し「これ」と共に漂い、「これ」だけの為に生きる事だ。

恐怖や欲望は、あなたではない。

それらは全て偽物だ。

そうしたキヨタカの全てを手放して、「これ」として止まりなさい。

「これ」で在りなさい。

今、それを感じるかな?

キ:ええ。

フ:シンプルかな?

キ:はい。

フ:あなたと会う毎に、私はあなたの中の「これ」をもっと開いて行く。

よりあなたが「これ」を感じて「これ」に止まれば、より「これ」が成長する。

「これ」だけが、唯一リアルなものだ。

他の全ては、幻想だ。

たった今、あなたは夢の中にいる。

実際に、私はあなたの夢の中に入り込んでいる。

そうしてあなたの夢の中から、何がリアルなのかを指し示めそうとしている。

だからあなたが目覚めるまで、そのリアルな中に止まり続けなければならない。

あなたが目覚めたら、私はあなたの夢から去る。

>>(10)悟りにステージはない