恩寵の扉が開くまで part2

(2)本当に必要なもの

フ:何か重要な事があれば、あなたはその事を知るだろう。

今のあなたの本性である「真実の自己」が、あなたに語りかける。

存在(Existance)は必ずあなたに働きかけ、必要な事をさせる。

もちろん、存在があなたを置き去りにする事はない。

驚くべき守護と祝福と智慧と知性が、あなたの「真実の自己」に備わっている。

それはただマインドの中にはない。

それは宇宙の中、存在の中、生命の中に属している。

それはタオの流れだ。

物事は、あなたを通して起こる様になる。

あなたはいつも自分で何かをしようと頑張っていた。

その違いがわかるかな?

キ:ええ。 

フ:だから今はあなたのビーイング(Being)が、やり手(Doing)のあなたから切り離されて寛ごうとしている。

マインドは言う、「休んでいる場合ではない。何かをしなさい!」と。

しかしあたなはその声を無視して、「私は自分自身に寛いでいる」と言う。

するとマインドの声は夢となって顕れる。

そして夢の中で、「サバイバルの為にあれをしなさい、これをしなさい。」と、する事を急き立てる。

だからあなたのマインドがどんなパターンを持っていようとも、それが夢の中で顕れる。

あなたのパターンは、「生存の恐怖」からいつもする事を駆り立てられている事にある。

全てがいつでも確保されている様に頑張ろうとする。

しかし実際は、必要なものは何もない。

あなたが必要なものの全ては、「真実」だけだ。

あなたはもっと、この真実、この自由を愛するようになる必要がある。