恩寵の扉が開くまで 完結編

(2)本当の自己にしっかりと止まる事 〜フーマンからのアドヴァイス〜

Beloved キヨタカ

スピリチュアルな成長の道において、あなたに本当の自己(the Real Self)というスペースが与えられ、それが真に自己の本性でありその事を明確に体験しそれに関して疑いの余地がないのなら、あなたはそれにしっかりと止まる必要がある。そしてそれを統合して、確固たるものにしなさい。

だからこそ、しばらくの間はあまり外側の事で忙しく動き回らずに、自己(Self)に止まって自己の基盤をしっかりとさせる事に専念する様にガイダンスが与えられたのだ。

スピリチュアルな旅とは、永遠に続く終わりなき旅ではなく、全一性へ到達してそれと繋がる為のものだ。

スピリチュアルな境地あるいは瞑想の境地は非常に沢山あるが、ゴールは一つだ。つまり本当の自己というスペースを目覚めさせて、それに開いていく事だ。

そしていったんそれが起こったら、あなたがする事の全てにおいてそれをもっともっと生き始めなさい。

そのスペースはとてもシンプルで、あなたの意識あるいはノーマインドとハートが一緒になってバランスがとれている状態だ。

そこに止まる為に四六時中瞑想し続けたり、隠遁して人生から逃れたりする必要はない。

ただ日常生活において活発に活動したり動き回ったりする事はしばらくの間は出来るだけ控え、自然な形でビーイングのスペース(つまりあなたの本性である真の自己)に寛げる様に心がけて、そのスペースがキヨタカの人生の中で統合される様にしなさい。

これを行うには、私がハワイや日本であなたに与えたガイダンスをもう一度思い起こす必要がある。

あなたの本当の自己が人生の中で統合されて行くプロセスにおいて、従来のあなたである小さな自己とその幻想性をもっともっと見ていく必要がある。それを見る事で、だんだんと自然な沈黙が起こる様になるだろう。

その自然な沈黙をあなたの日常生活にもたらして、その沈黙した内的自己こそがあなたの意識であり存在そのものである様にしなさい。

あなたが道を歩む上で、今語られている事はとても重要な進化をもたらすだろう。

だから、その事についてよく瞑想しなさい。

(3)家族との接し方 〜フーマンからのアドバイス〜