恩寵の扉が開くまで 完結編

(6)祈りのCD

キ:ところで五井先生の祈りを録音したCDがあるのですが、聴いてみますか?柏手(かしわで)を打ったり口笛を拭いたり、かなりユニークな祈りです。これを聴く事が姉の助けとなるでしょうか?

フ:とても神秘的な感じだね。聴いてみよう。

{このCDは、生前の五井先生が実際に祈りの指導をしていた時の様子を記録したもので、「世界平和の祈り」に続いて柏手と口笛の音が録音されている。エネルギー的にパワフルな感じがするのだがそれが何なのか理解できず、機会があればフーマンに尋ねようと思い日本からCDを持参したのである。CDから流れる口笛の音に耳を傾けていたフーマンは、我が意を得たりという感じで目を輝かせて語り始めた。}

フ:私には、彼が口笛を吹いて何をしているかが感じられる。

何をしているのかが解る。

キ:そうですか!

フ:そう。彼のエネルギーは、神道とリンクしている。

彼のエネルギーはそこから来ており、仏教や他の霊統との繋がりではない。

神道は、祈りがベースだ。

それは重要だ。

祈りを通して、ハートを通して、どんな瞑想的境地や意識にも繋がる事が出来る。

私も自分のワークの中でよく口笛を使う。

このようにね。

{実際に、口笛を吹いてみせた。非常に透明感に溢れ、かつ力強い響きで聴き惚れてしまった。フーマンによると、それが彼を通してひとりでに起こるそうだ。}

これが私のワークの中でもよく起こる。

だから彼がどうしてそうするのかがよく理解できる。

彼は実際にヒーリングのエネルギーを降ろしている。

それから意識の光と愛のエネルギーも降ろすが、ヒーリングがメインだ。

これを聞く事で、あなたの中のスピリチュアルなエネルギーの目覚めを引き起こす。

これが彼のコード、言語だ。

キ:ありがとうございます。さっそく姉に聴かせてみます。

  

>>(7)アマテラス