恩寵の扉が開くまで 完結編

(5)クンダリーニの上昇

フ:人生のある時期に至ったら、エネルギーに働きかける必要がある。

男性が45〜50歳位の年齢に差しかかったら、つまりちょうどあなた位の年齢になったらクンダリーニ・エネルギーを上昇させる時期だ。

クンダリーニ・エネルギーは、通常はセックスセンターである第2チャクラを通して外側へ放出する様にプログラムされている。

セックスや性的妄想等を通してエネルギーを失う。

キ:セックスは第1チャクラと繋がっているのではないですか?

フ:いや第1チャクラとは、この地上との繋がりを司っている。

肉体の健康や地上でのサバイバルと関係している。

第2チャクラは、セックスや感情のセンターだ。

様々な感情は全てここで感じられ、セックスに関連する感情もこのセンターが司っている。

そして感情が抑圧されると、ここに溜められる事になる。

通常、食物やセックスを求めてエネルギーは外側の世界へと向かう。

そして、怒りや、不安、苛立ち、強迫観念等、あらゆる感情がここ(第2チャクラ)に蓄積される。

OSHOの考案したダイナミック瞑想等の浄化を伴う瞑想技法は、このエネルギーの解放をもたらす。

あなた位の年齢になったら、この外側に向かう様にプログラムされたクンダリーニ・エネルギーを上昇させる時だ。

上昇したエネルギーはクラウンチャクラ(第7チャクラ)を打ち、それから下へ落ちて源泉へ戻る。

今ちょうどエネルギーが上昇する年齢だ。

だからよりリアルなものに明け渡す事を通して、ここ数年の間にクンダリーニはごく自然な形で上昇して行くだろう。

外に向かうドアは閉じなければならない。

キ:セックスは止めるべきですか?

フ:あなたの年齢の場合、自然に起こるセックスはオーケーだ。

しかしマインドがセックスに捕われていると、このドアを開いたままにしてしまう。

そうしてエネルギーが外に漏れてしまい、上昇するエネルギーとの間で分裂が起る。

あなたのエネルギーは上昇しようとしている。

もちろん、あなたは目覚めを感じどんどんと光明へと向かう。

しかし、低次元の本性がそれを引きずり降ろそうとするから、分裂してしまうのだ。

キ:どうしたらその分裂を避ける事が出来るのでしょうか?

フ:今から、このクンダリーニ・エネルギーに働きかけて、それを上昇させるテクニックを教えよう。

とても重要なものだ。

これを数年の間行うと、あなたは自分のエネルギーをマスターする事になる。

あなたは性的エネルギーをマスターし、超越する。

あなたが20代ならそれをマスターする必要はない。

むしろ、もっとそのエネルギーを体験していく時期だ。

しかしあなた位の年齢になったら、性エネルギーをコントロール出来る必要がある。

そうする事で、それを超越する。

性欲があなたを振り回しコントロールするのではなく、あなたがそのマスターとなる。

あなたは今49歳だね。

キ:はい。

フ:今ちょうどその修行をするタイミングだ。

このエネルギーを使って、スピリチュアリティのより高次のレベルへと上昇する事が出来る。

そうすると、それに振り回されない。

このエクササイズを3ヶ月続ければ、驚くべき結果を得るだろう。

キ:セックスが終わってしまうのですか?

フ:いや、その結果性エネルギーを失うわけではない。

そのエネルギーが高次のエネルギーへと変容されるので、低い次元の問題に振り回されたり苛まれたりする事がなくなる。

セックスはあなたにとりもはや問題ではなくなり、単なるゲームとなる。

例え魅力的な女性と出逢っても、どうするかはあなたの手の内にあり、それで振り回される様な事はなくなるだろう。

>>(6)エネルギー上昇のテクニック