イベント情報

瞑想トランスミッション at リーラ by 天野 清貴
               *新規予約のセッションは、2018年2月以降となります。

        

<瞑想トランスミッションの場所>

長年に渡り様々な魂の覚醒のワークを続けてきたリーラスペースで、遂に個人セッションが始まりました。

この場所ではアジズやフーマンなど過去に7名の覚者が瞑想をリードしており、神聖な次元と簡単に繋がる事が可能な「知る人ぞ知るパワースポット」です。

あなたはただここを訪れるだけで、既にトランスミッションが起こっている事を知り驚くでしょう!

 

<瞑想トランスミッションの内容>

この個人セッションは、OSHOやフーマンが言う「これ」(真実の自己、真我、仏性、空、無、真実の光etc...)を、ダイレクトに伝達(トランスミッション)する事を目的としています。

私たちは、本来「大いなる存在」と一つであり、「無限の可能性」を秘めた「魂」としてこの世に生を受けます。

人は誰もが、魂の真実を生きる事が可能なのです。

しかしながら、出生時のショック(バーストラウマ)、成長の過程における様々な条件付け等により、「偽りの自己イメージ」が形成されそれと同一化し、「魂」としての自己を見失ってしまいます。

この個人セッションでは、この閉じられた「魂」の扉を再び開き、私たちがこの生にやってきた本来の目的(ブループリント)を生きる事を様々な手法を使い手助けします。

直接対面セッションでエネルギーワークを受ける事により、瞑想を通した真実の伝達が起こり、本を読むだけでは得られない理解と目覚めが起るでしょう。

「これ」を伝達する事が目的ですが、探求の途上における人生一般の悩み(お金、仕事、関係性、病気等)の相談にも応じます。

また探求の途上に於いて現在直面している様々な疑問に対しても、もちろん応じます。
(但し、覚醒よりも哲学的議論や討論のみに興味のある方はご遠慮願います。)

魂からの願望をお持ちの方は、それを成就するためのサポートも致します。

<瞑想トランスミッションの対象>

1、「アジズとの対話」及び「恩寵の扉が開くまで1〜3」「覚者を求めて」

       「修善寺日誌」の読者で、さらに深い理解と目覚めを求める方。

2、「魂の覚醒」を求めている方

3、「魂の願い」を現実化したい方

4、既に瞑想会やリトリートに参加された方のフォローアップ。

<日 程>

日 程1枠 2枠 
随 時 10:00ー11:30(⇦優先)    (16:30ー18:00)

 *新規予約のセッションは、2018年2月以降となります。

<会 場>

リーラスペース(静岡県 伊豆市)

<料 金>

¥20,000ー/1.5時間
(既に個人セッションを受けた方、及びリーラ瞑想リトリート参加者は¥15,000-)

<申し込み>

メール(mail@leela.jp)にて、お名前と電話番号、ご希望する日時を明記の上、リーラスペースへ直接お申し込み下さい。

メールまたは電話にて、セッションの日程調整を行います。

セッション日が決まり次第、<申込書及びご案内>のメールを送付致します。

<注意事項>

1、ゆったりとした楽な服装で来て下さい。

2、心身の病気を患っておられる方は、事前に必ずその旨を伝えて下さい。
(重い伝染病及び自己コントロール不能の精神疾患を患っておられる方は、ご遠慮願います。)

3、セッション内容を録音したい方は、録音機を持参して下さい。
(あくまでもセッションを想い起こす為の個人的目的のみに限定して下さい)

4、このセッションは、病気の治療を目的としたものではありません。
セッションの結果起った出来事は各自が責任を持って引き受け、責任をセッションギバーに転化しない事を明確にして下さい。

5、セッション終了後はそのまま30分施設内に留まれますが、その後は速やかに退場する必要があります。

6、その他解らない事があれば、お気軽にリーラスペースへお問合せ下さい。