プロフィール

キヨタカ (天野 清貴)

1954年6月生まれ(蟹座)、B型。
栃木県小山市出身
21歳の春、東北大学法学部在学中に最初の神秘体験をして、禅や悟りに興味を抱く。

当時弁護士を目指していた私は「瞑想で頭を良くして司法試験に合格しよう!」と動機は不純であったが、坐禅に邁進した。
23歳の夏、禅寺で10日間の摂心(集中瞑想)して大悟!...と思いきや精神不安定となり魂の暗夜に陥る。

結局瞑想も弁護士も諦めて、民間会社に就職。ボディビルで鍛えた体力が買われて、社内の都市対抗野球の応援団部でも活躍。

社会人となっても真理への渇望が衰えず、ある日OSHOの本と出会い衝撃を受ける。

1983年6月、4年間務めた日本石油(株)を退社。当時OSHOの滞在していたアメリカへ行き、瞑想とセラピー(精神療法)を学ぶ。
1987年、インドへ戻ったOSHO に会うため、プーナへ行く。
1990年、OSHOが肉体を去った事に伴い、日本へ帰国。
OSHOを日本に紹介する様々な活動をしながら、毎年半年程インドで暮らす。

1997年6月、八ヶ岳にリーラスペースをオープン。

翌年修善寺へ移転。

<習得した主なヒーリング技術>
リバランシング、仙骨頭頂療法、脱催眠療法、NLP、ブレス、カウンセリング、サイキックマッサージ、レイキ、シータヒーリングなど、

その他にも通訳として様々なヒーリンング系のワークショップに参加。

<直接出会い影響を受けた主な覚者>
 石井 松庵、沖 正弘、OSHO、リー・ロゾウィック、素空慈、知花 敏彦 、ギリ、 キラン、サイレンドラ(OSHOの弟)、シッダールタ、ティオハ、ヴァルトマン、アジズ、フーマン、ジョン(カナダ人)、ムージ


趣味:ウィンドサーフィン
著書:「アジズとの対話」「恩寵の扉が開くまで1〜3」「覚者を求めて」
雑誌(Star People)にて、「覚者を求めて」好評連載中
モットー:遊びと仕事と人生が一致する事

ヨガビジャ

1962年9月13日生まれ。